ビジネス

カイリー・ジェンナーの一言でスナップチャットに約1300億円の大打撃

 カーダシアン家の末っ子、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)のツイートが、24時間で投稿が消えるSNSアプリ、スナップチャット(Snapchat)に大打撃を与えた。

 カイリーは2月21日、自身のツイッターに「で、私以外にスナップチャットをもう開かなくなった人はいる?それか私だけ?ああ、本当に悲しい」と投稿。同投稿には、「最近のアップデートが最悪だったからもう開かなくなった」「アプリ消した」など同意のリプライを含め「いいね!」が30万件寄せられている他、5万5000回もリツイートされている(2月23日時点)。これを受け、スナップチャットを運営するスナップ(SNAP INC.)の2月22日の株価終値は前日比6.0%減の17.51ドル(約1856円)まで下落し、同社の時価総額、13億ドル(約1378億円)相当が吹き飛んだ。カイリーはこのツイートの後「まだスナップが大好きだけど」とツイートしたが、時すでに遅しだったようだ。

 シティグループ(CITIGROUP)のアナリスト、マーク・メイ(Mark May)は今週始めにスナップ株を「ニュートラル(中立)」と評価していたが、直近のアップデートによるデザイン変更によりユーザーのネガティブなコメントが急増したため、同株の評価を「売り」に引き下げた。

 なお、スナップからのコメントは得られなかった。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら