ファッション

カイリー・ジェンナーが人気ラッパーとの子どもを出産 妊娠をひた隠しにした理由を語る

 お騒がせセレブ一家のカーダシアン家の末っ子の20歳、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)が2月1日午後4時43分(現地時間)、女児を出産した。5日に投稿されたカイリーのインスタグラム投稿で、「憶測が飛び交う中、これまで隠していてごめんなさい。私の人生を追うのにみんな慣れていると思うけれど、この妊娠は世界中のみんなに公開しないことを決めました。これからの人生ずっと続く母親という役割に備えるため、1番ポジティブで、ストレスから解放された、健康的な状態で迎えることが必要でした。公式の妊娠発表も、大金をもらって発表することも考えていませんでした。赤ちゃんが私のストレスも感情も全て感じると分かっていたから、小さな命と私たちの幸せのためにこの方法を選びました。妊娠はこれまでの人生で最も美しく、力をもらい、人生を変える出来事だったけど、それを失いそうになることもありました。妊娠を可能な限り隠し、出産を迎えることを助けてくれた私の友人たち、特に私の家族に感謝します。2月1日、美しく元気な女の子が誕生し、みんなにこの幸せを分けることが待ちきれませんでした。胸がはちきれそうなほどの愛と幸せを感じたことはありません。ありがとう」と出産を報告し、これまで沈黙を貫いてきた理由を明かした。

 さらに、ユーチューブに「私たちの娘へ(To Our Daughter)」と題した11分の動画を投稿。動画では、カイリーの母、クリス・ジェンナー(Kris Jenner)の出産のシーンから、カイリーの出産までの日々や過程を、家族や友人、赤ちゃんの父親とされているラッパーのトラヴィス・スコット(Travis Scott)とのシーンを交えて公開した。

 カイリーの妊娠が発覚したのは2017年9月。複数のメディアが報じ、それ以来カイリーは自身のインスタグラムに自身の下半身が写った写真を投稿していなかった。18年1月に公開した「カルバン・クライン ジーンズ(CALVIN KLEIN JEANS)」と「カルバン・クライン アンダーウェア(CALVIN KLEIN UNDERWEAR)」の新広告でも不自然にお腹を隠しているとして様々な憶測が飛び交った。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら