ビューティ

記録破りの革命児、カイリー・ジェンナーがSNSで切り開く美容業界の突破口

 米国のビューティ市場では、SNSの影響力は勢いを増す一方だ。各種SNSで活躍するインフルエンサーとブランドとのコラボが次々と成功している一方で、デジタルのみを活用して急成長している「カイリー・コスメティクス(KYLIE COSMETICS)」など、新たなビジネスモデルも誕生している。

 20歳でセレブ一家の末っ子、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)。彼女が2015年11月にスタートしたブランド「カイリー・コスメティクス」は三つのリキッドリップとリップライナーのセットから始まり、瞬く間にミレニアル世代の間にブームを起こした。設立からわずか18カ月で売上高4億2000万ドル(約457億円)を超え、22年には売上高10億ドル(約1090億円)を達成して“ビリオンダラー(10億ドル)ブランド”の仲間入りをすると予測される。売り上げ順に世界のビューティ企業のトップ100社をランキングする米「WWD」の17年度「Beauty Top 100」にランクインした他、カイリー自身も史上最年少で「フォーブス(FORBES)」誌の世界長者番付に選ばれるなど、前例がない快挙を次々と成し遂げている。

 ブランドデビュー当初はテスト販売という位置付けでリップとリップライナーのセットを各色5000個のみ (計1万5000個)を用意したが、わずか30秒で完売。アクセスの集中でサイトが一時クラッシュしたほどだ。その3カ月後には人気プチプラブランド「カラーポップ(COLOUR POP)」を生産しているシード ビューティ(SEED BEAUTY)と提携し、生産キャパシティーを各色50万個に一気に拡大し、従業員も500人に増やした。そして今もその勢いは衰えていない。8月10日に20歳の誕生日を迎えたカイリーは「バースデー コレクション」を1日に発売。アイシャドウパレットやハイライター、リキッドリップ、グロス、メイクアップブラシなどをそろえ、24時間以内に全てのアイテムが完売した。驚きなのは、全アイテムを含んだセットが325ドル(約3万8000円)とミレニアル世代にとっては決して手頃とはいえない価格だが、そのセットも完売したことだ。結果、同コレクションは1日で1000万ドル(約10億円)を売り上げたのだ。なお、17年度は売上高3億8600万ドル(約420億円)を見込んでいる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら