ファッション

米「スリーツインズ アイスクリーム」1号店が「コスメキッチン」代官山にオープン マッシュが運営・販売

 マッシュビューティーラボが独占販売するUSDAオーガニック認証の米サンフランシスコ発「スリーツインズ アイスクリーム(THREE TWINS ICE CREAM)」の1号店が、3月2日に代官山にオープンする。代官山駅構内にある「コスメキッチン(COSME KITCHEN)」内の「ジューサリー バイ コスメキッチン(JUICERY BY COSME KITCHEN)」跡地。

 代官山店では、シーソルトキャラメルやマダガスカルバニラをはじめとする11種類のフレーバーがそろい、サイズはシングル(380円)とリトルダブル(500円)、ダブル(680円)、スリーツインズ(550円)の4種類を用意する。トッピングもカカオニブやキヌアパフなどオーガニック素材を数種類選べる(各80円)。また持ち帰り用として、パイントサイズカップ(473mL、1200円)も販売する。

 「スリーツインズ アイスクリーム」は“信頼する生産者の原材料のみを使用する”をコンセプトに、2005年にカリフォルニア州サンラファエルで誕生。従来のアイスクリームに使用される化学調味料は一切使用せず、子どもから大人まで安心して味えるオーガニックアイスクリームブランドだ。マッシュは昨年11月に独占販売契約を締結。コンビニエンスストアなど流通大手での販売も決定している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら