ファッション

行列のできるオーガニックアイス、ナチュラルローソンで取り扱い開始

 マッシュビューティーラボが独占販売する、USDAオーガニック認証を受けたサンフランシスコ発のオーガニックアイスクリーム「スリーツインズ アイスクリーム(THREE TWINS ICE CREAM)」が4月3日から、ナチュラルローソンで販売される。

 「スリーツインズ アイスクリーム」は2005年にカリフォルニア州で誕生。“信頼する生産者の原料のみを使用する”をコンセプトに、化学調味料は一切使用せず、味のクオリティーにもこだわっている。米国では大手のスーパー「ホールフーズマーケット(WHOLE FOODS MARKET)」を中心に家庭用アイスとして認知度を高めている。日本では17年10月にマッシュビューティーラボが独占販売契約を締結し、3月2日に代官山駅構内にある「コスメキッチン(COSME KITCHEN)」に併設する形で日本1号店をオープン。買い求める人の行列ができるなどして話題になっている。

 ナチュラルローソンで取り扱うフレーバーは“マダガスカルバニラ”“ビタースイートチョコ” “シーソルトキャラメル” “モカディファレンス” “ミントコンフェッティ”で、価格は390円となる。

 その他、ナチュラルローソンでは18年春夏の取り組みとして、オーガニック野菜を使ったサラダの販売や、国産のオーガニックビューティブランド「アムリターラ(AMRITARA)」のミネラル温泉水「オージャス」、ショウガやスピルリナの味わいを凝縮させた、海外で注目を集める天然素材のショットドリンクなども順次取り扱う予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら