ファッション

双子はアイスが無料!? 「スリーツインズ アイスクリーム」1号店が代官山にオープン

 マッシュビューティーラボが独占販売するサンフランシスコ発のオーガニックアイスクリーム「スリーツインズ アイスクリーム(THREE TWINS ICE CREAM)」の1号店が、3月2日に代官山にオープンした。代官山駅構内にある「コスメキッチン(COSME KITCHEN)」に併設する。

 「スリーツインズ アイスクリーム」は、“信頼する生産者の原料のみを使用する”をコンセプトに掲げ、2005年にカリフォルニア州サンラファエルのフードトラックからスタート。従来のアイスクリームに使用される化学調味料は一切使用せず、子どもから大人まで安心して味わえるオーガニックアイスクリームとして口コミで広がり、全米で人気を集めている。

 代官山店では、サンフランシスコで人気ナンバーワンのシーソルトキャラメルやクッキー&クリーム、店舗限定のストロベリーなど全11種のフレーバーをラインアップ。サイズは4種(380~680円)から選ぶことができ、キヌアパフやラズベリー、着色料不使用のスプリングス(日本限定)など5種のトッピング(各80円)を用意する。また、日本向けに改良を加えた甘さ控えめのワッフルコーン(100円)を店頭で手作りする。谷口智美ビープル事業部バイヤーは、「オーガニックフードは味が薄いなどのイメージを持たれがちだが、『スリーツインズ アイスクリーム』はその通念を覆すような“とびきりおいしい”味を提供する。アイスと共に笑顔を届けたい」と話す。

 オープン当日には、隣接するカフェのサイン オールデイ(SIGN ALLDAY)で限定カフェ「スリーツインズ カフェ」を開催し、ユニークなロゴからインスパイアされた空間を演出する。さらに、創業者のニール・ゴットリーブ(Neal Gottlieb)が双子で、自身の兄弟の妻も双子姉妹だったことから、特典として双子の来場者、先着320人にスリーツインズサイズのアイスクリームとワッフルを無料でプレゼントする。

 なお、4月からコンビニエンスストアでもカップアイスの販売を開始する。4月3日に沖縄県内のファミリマート320店舗と沖縄の百貨店リウボウ、4月中旬に一部店舗のナチュラルローソンで順次取り扱いを始める。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら