ビジネス

「コスメキッチン」が海外進出 国内ではメイクアップセレクトの新業態をスタート

 マッシュビューティーラボは、運営するコスメセレクトショップ「コスメ キッチン(COSME KITCHEN)」の国内外の事業を拡大する。11月には、香港・ミラマーショッピングセンター1階に海外初店舗を開く。グループのマッシュスタイルラボが運営するアパレルブランド「スナイデル(SNIDEL)」と「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」「リリー ブラウン(LILY BROWN)」との複合ショップになる形だ。2018年春には、同じ香港にすでに165平方メートル規模の大型旗艦店のオープンも予定している。

 さらに来春には、日本で「コスメキッチン」の新業態「メイクアップキッチン(MAKEUP KITCHEN)」をスタートする。“ウェルネス”をキーワードにした次世代型の“メイクアップセレクト”を掲げ、オーガニックやナチュラルコスメに関心がありながらも、実際にはまだ手をつけられていない20~30代女性をターゲットとする。商品の構成比率はメイク7割、スキンケア2割、インナービューティケア1割。同時期にデビューする新ナチュラルコスメ「トーン(TO/ONE)」の販売も行う他、オープン時には「エムアイエムシー(MiMC)」の新ラインとネイチャーズウェイとの新ブランドを独占販売する予定だ。旗艦店とする1号店は、新宿エリアにほぼ決定しており、夏までに銀座や梅田エリアへの出店も視野に入れている。まずは20店舗体制を目指す。

 同社の17年8月期売上高は80億円超となったもよう。店舗数は「コスメ キッチン」が45店舗。「ビープル バイ コスメキッチン(BIOPLE BY COSMEKITCHEN)」が14店舗。昨年デビューしたコスメブランド「セルヴォーク(CELVOKE)」は8月開店の阪急うめだ店を皮切りに、出店を加速しているところだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら