ファッション

「メゾン キツネ」が京都初となる店舗をオープン

 「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」が10月7日、京都の藤井大丸に新店舗をオープンする。国内5店舗目の出店で京都では初となり、ウィメンズ・メンズ両コレクションを展開する。

 「メゾン キツネ」クリエイティブ・ディレクターのジルダ・ロアエック(Gildas Loaec)と黒木理也によってデザインされた内装は、温かみのある木材を基調に金色や藍色が所々に交ぜ込まれており、洗練された日本の美を表すユニークな世界観に仕上がった。

 またオープンを記念し、京都の伝統工芸である藍染めからインスパイアされた限定コレクションを発売。オックスフォードシャツや、グラフィックTシャツなどブランドを代表するアイテムを、京都の“天然灰汁醗酵建藍染”という昔ながらの技法によって、一点一点手作業で仕上げた。限定コレクションは計15点の数量限定となる。

■MAISON KITSUNE Kyoto
時間:10:30〜20:00
場所:藤井大丸2階
住所:京都府京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町605

[related post="481321" title='「メゾン キツネ」から初のフレグランス登場 香りのベースは“柚子”']

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら