ファッション

「ポーター」と「メゾン キツネ」がコラボ アイコンの狐パッチがオリーブカラーに

 吉田カバンの「ポーター(PORTER)」は9月22日、「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」とのコラボアイテムをクラチカ ヨシダ 表参道とメゾン キツネ代官山で発売する。

 「メゾン キツネ」のフォックスパッチと「ポーター」を印象付けるオリーブカラーのボンディング素材といった、両ブランドのアイコニックなディテールを融合し、“都会的なミリタリー”を表現する。

 バッグコレクションは、ボンディング加工を施したナイロン素材にトーンの違う2色のオリーブカラーを用いた。鮮やかな蛍光イエローの裏地にゴールドのオリジナルパーツなど細部までこだわった。ヘルメットバッグ(3万8500円)には、パソコンやタブレットの収納ポケットを備え、ビジネスシーンにも対応する。他にもユニセックスで使える2サイズのトートバッグ(L:2万8000円、S:1万7500円)や、取り外し可能なハンドルが付いたポーチ(1万7500円)、コインケースとしても使えるマルチケース(8200円)を加え、全5型をラインアップする。

 アパレルアイテムには、バッグコレクションと連動したTシャツ(1万4000円)とスエット(2万2000円)を用意した。トーンの違うオリーブカラーを組み合わせ、フォックスパッチも通常よりもビッグサイズに変更。このコラボのためにオリジナルパターンを引いた。

 また、クラチカ ヨシダ 表参道のザ ポーター ギャラリーでは22日から、「メゾン キツネ」のポップアップイベントを開催する。今回のコラボアイテムを中心に、「メゾンキツネ」のインラインのアパレルもセレクトして販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら