ニュース

「シーブリーズ」のライフスタイルアイテム、2018年春夏から順次発売

 米国発の化粧品ブランド「シーブリーズ(SEA BREEZE)」のライフスタイル雑貨が、2018年春夏より順次発売される。日本で同ブランドのライセンスを持つエフティ資生堂と伊藤忠ファッションシステムが、ライセンスエージェント契約を締結したことで実現した。

 「シーブリーズ」は1902年に米国で誕生したブランドで、日本ではエフティ資生堂がヘアケアやボディケアなどのアイテムを販売。特にパウダーインの制汗デオドラントウォーター「デオ&ウォーター」は中高生を中心に支持されている。

 今回の取り組みは高い知名度のブランドを化粧品以外のジャンルに広げ、さらなるビジネスの活性化を狙うもの。まずはステーショナリー類の販売など、「シーブリーズ」支持層である10代に向けたアイテムの販売を予定しており、その後は昔愛用していた大人層も視野に入れたインテリア雑貨などのアイテムも販売する予定で、2021年の売り上げは小売上代ベースで10億円を見込んでいる。

あなたにオススメ