ビューティ

「シーブリーズ」がなにわ男子・道枝駿佑&長尾謙杜を起用 新CMは書き下ろし最新楽曲

 ファイントゥデイのボディーケアブランド「シーブリーズ(SEA BREEZE)」は3月16日、男性グループ・なにわ男子の道枝駿佑と長尾謙杜を新CMに起用したと発表した。CMソングには同グループの書き下ろし最新楽曲「Blue Story」を使用する。

 「シーブリーズ」は1902年に米国で誕生。日本では“デオ&ウォーター”をはじめとした汗ケアのボディーケア商品が中高生を中心に支持されており、歴代CMも青春をテーマに描いたものが多い。過去には広瀬すず&中川大志や田鍋梨々花&宮世琉弥ら男女ペアの出演はあったが、男性2人による出演は今回が初めてとなる。

 今年のブランドテーマは「アセのち、ハレ!」で、青春を全力で過ごし得られる達成感や爽快感を表現した。道枝と長尾は学生時代に同じ学校に通っていた同級生であり、青春時代を共に過ごし切磋琢磨してきた2人だからこその空気感を表現できることもあり、今回の起用に至った。

 新CM「とある青春」編は、学校のグラウンドでサッカーに頑張る姿を2人の姿を描いた。サッカーは未経験だという2人は、ボールの扱いに四苦八苦しながら撮影に挑んだという。同CMは3月16日からウエブサイトで公開。テレビでは24日18時50分からテレビ朝日系列で放送予定の「サッカー国際親善試合」内で一夜限りの60秒バージョンを放送する。

 

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。