ファッション

メッシにファレル、アレキサンダー・ワンらが共演 アディダスが新フィルムを公開

 アディダス(ADIDAS)がスポーツにおけるクリエイティビティーの価値に共感するアスリートをフィーチャーしたフィルム「Here To Creato」を公開した。これは昨年12月に公開した世界中のクリエイターやアスリートへ向けたフィルム「Calling All Creators」に続くもの。

 今作には、プロデューサーでデザイナーでもあるファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)やデザイナーのアレキサンダー・ワン(Alexander Wang)をはじめ、エイサップ・モブ(A$AP Mob)のエイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)、モデルのカーリー・クロス(Karlie Kloss)、フットボール界から「FCバルセロナ(FC BARCELONA)」のリオネル・メッシ(Lionel Messi)や「マンチェスター・ユナイテッドFC(MANCHESTER UNITED FC)」のポール・ポグバ(Paul Pogba)、元イングランド代表のデヴィッド・ベッカム(David Beckham)、バスケットボール界から「ヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)」のジェームス・ハーデン(James Harden,Jr.)や「クリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)」のデリック・ローズ(Derrick Rose)らジャンルを超えた20人以上の世界を代表するトップクリエイターたちが出演。「最後の晩餐」を思わせるように1つの机を囲み、成長し続けるクリエイターの存在を賞賛するとともに、“クリエイティビティーが持つ可能性”について話しあっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら