ファッション

カルバン・クラインのキャンペーンにエイサップ・モブが登場 “繋がり”を象徴する存在としての起用

 カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)社は、「カルバン・クライン アンダーウェア(CALVIN KLEIN UNDERWEAR)」と「カルバン・クライン ジーンズ(CALVIN KLEIN JEANS)」の広告キャンペーン「#MYCALVINS」にエイサップ・モブ(A$AP Mob)を起用した。「#MYCALVINS」は2014年からスタートしたSNSを中心とするキャンペーンで、エイサップ・モブはコンセプトでもある絆や家族、繋がりを象徴する存在としての起用だ。

 エイサップ・モブは、07年にエイサップ・ヤムズ(A$AP Yams)、エイサップ・バリ(A$AP Bari)、エイサップ・イルズ(A$AP Illz)が結成したニューヨーク・ハーレムを拠点に活動するヒップホップ・クルー。ファッションアイコンとしても人気を博すエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)やエイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)らラッパーだけでなく、デザイナーのバリをはじめ、ビートメーカーのエイサップ・P・オンザボーズ(A$AP P on the Boards)、フィルム・ディレクター、プロデューサーらも所属することからクリエイター集団として知られている。07年の結成翌年に加入したロッキーが11年に発表した無料のミックステープ「Live. Love. ASAP」や楽曲「Peso」が話題となり、13年に同じくロッキーが発表したメジャーデビューアルバム「Long.Live.A$AP」が全米初登場1位を獲得、13年のファーグのメジャーデビューアルバム「Trap Lord」も高い評価を得たことで、一躍ヒップホップシーンに欠かせないクルーとなった。

 今回のキャンペーンに登場するのは、ロッキー、ファーグ、エイサップ・ナスト(ASAP Nast)、エイサップ・トゥエルビー(A$AP Twelvyy)、エイサップ・アント(A$AP Ant)、エイサップ・ルー(A$AP Lou)、エイサップ・J・スコット(A$AP J. Scott)の7名。キャンペーン終了の18年春まで、他著名アーティストも登場するという。

 カルバン・クラインはこれまでにも数々のラッパーを広告キャンペーンに起用しており、16年春の「カルバン・クライン アンダーウェア」ではケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)やフェティ・ワップ(Fetty Wap)が、16年秋のグローバルキャンペーンにはヤング・サグ(Young Thug)やR&Bシンガーのフランク・オーシャン(Frank Ocean)が登場している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら