ファッション

「G-SHOCK」生誕35周年記念イベントがNYで開催 “「G-SHOCK」の生みの親”やヴァージルが登場

 カシオ計算機は11月8日、「G-SHOCK」の生誕35周年を記念したイベント「G-SHOCK 35th Anniversary World Premier NEW YORK SHOCK THE WORLD」を米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)で開催した。最新作からエポックメイキングなアイテムを壁一面に並べた他、耐久性を試すテスト実験などを展示。また、“「G-SHOCK」の生みの親”である伊部菊雄がサファイアガラスで作られた新作「サファイアクリスタル G-SHOCK 5600」を発表した他、トークセッションも行われ、樫尾和宏・社長をはじめ、ロニー・ファイグ(Ronnie Fieg)「キス(KITH)」デザイナー、ステファン・アシュプール(Stephane Ashpool)「ピガール(PIGALLE)」デザイナー、1980年代に活躍した元NHL(北アメリカのプロアイスホッケーリーグ)選手のマーク・メシエ(Mark Messier)が登壇した。トークセッション中には壇上から来場者に向けて「G-SHOCK」を投げ込むといったパフォーマンスも行われ、1500人が来場した会場を盛り上げる一幕も見られた。

 イベント後にはアフターパーティーを開催。「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のヴァージル・アブロー=クリエイティブ・ディレクターがDJを、ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)やエイサップ・ファーグ(A$AP Ferg)を中心としたヒップホップ集団、エイサップ・モブ(A$AP MOB)がライブパフォーマンスを披露し、約3300人の観客を沸かせた。

 同イベントのキービジュアルは日本を代表するアートディレクターのYOSHIROTTENが担当し、会場の入り口に設置されたアートワークはニューヨークを拠点に活動するグラフィティアーティストでデザイナーのエリック・ヘイズ(Eric Haze)が手掛けた。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら