ファッション

「ヴィーロン」ポップアップ、完売で急きょ閉店 レセプションにはエイサップ・ロッキーが登場

 ニューヨークを拠点とするヒップホップ集団、エイサップ・モブ(A$AP MOB)の創立メンバーのエイサップ・バリ(A$AP Bari)が手掛けていた「ヴィーロン(VLONE)」が、本日から東京・原宿と福岡にオープンしていたポップアップストアを2日前倒しで両店舗共に閉店することが決まった。当初、本日8日から10日までの3日間を予定していたが、ストリートでカルト的人気を誇るブランドの2018年春夏アイテムが世界先行販売されるということもあり、朝から顧客が殺到。ほぼ全てのアイテムが完売したため、急きょ閉店することが決まった。

 夕方には現在、香港人デザイナーのエディソン・チェン(Edison Chen)と共にブランドを手掛けている人気ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)本人が原宿店に来店。たまたま居合わせたファンには嬉しいサプライズとなった。

 また、前日の7日には東京・六本木にあるニューヨーク発ナイトクラブ「ワンオーク(1 OAK)」のアジア初店舗「ワンオーク トウキョウ(1 OAK TOKYO)」でレセプションパーティーを開催。エイサップ・ロッキー来場の噂を聞きつけたファンが押し寄せ、オープン前には長蛇の列ができた。なお、会場では来場者への事前告知が行われず、シークレットで“東京”や“単独”の漢字があしらわれた東京限定アイテムの販売会を行った。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら