ファッション

エイサップ・ロッキーがセルフリッジにコンビニをオープン

 エイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)が、英百貨店のセルフリッジ(SELFRIDGES)にニューヨークスタイルのボデガ(ラティーノが経営する街角のコンビニ)にインスパイアされたポップアップストアを10月2〜11日までオープンしている。

 エイサップ・ロッキー率いるクリエイティブ・チームAWGEのマシュー・ヘンソン(Matthew Henson)ファッション・ディレクターは、「エイサップ・ロッキーはどの街角にもボデガがあるニューヨークで生まれ育った。(ボデガは)ニューヨークでしか体験できないようなものなんだ。ボデガのようなコンビニ形式の小さなショップはどこにでもあるが、そこでボデガの雰囲気は味わえない。だから、彼が好きなアイテムや、作りたかったアイテムをいくつかピックアップして取り上げ、お気に入りの都市のひとつであるロンドンにポップアップショップをオープンした」と説明した。

 「AWGE ボデガ(AWGE Bodega)」と名付けられたポップアップストアはセルフリッジ1階の人目につかない一角にオープン。グラフィティだらけの壁に壊れた電話ボックス、アイスクリーム冷凍庫を設置しボデガを再現した。店内には、エナジードリンクやキャンディーから、エイサップ・ロッキーのアニメ風のイラストでデコレーションされたシリアルボックス、文房具やウエアが棚に所狭しと並べられた。

 「ロッキーはお菓子やスナックが大好きだから、トゥインキーズ、ラッキーチャーム、クリスピー・クリーム・ドーナツとこの期間限りのコラボレーションをした。鉛筆、ペン、スケッチブックやブランケットといった、子どもの頃の記憶を思い出すようなアイテムも用意した」とヘンソン。お菓子やスナックだけでなく、もちろんウエアも数多くそろえている。ヒップホップ集団エイサップ・モブ(A$AP Mob)の創設メンバーでもあるラッパーのエイサップ・ナスト(A$AP Nast)が手掛けるスケートブランド「マリオ インファントリー(MARINO INFANTRY)」や、エイサップ・トゥエルヴィ(A$AP Twelvyy)が手掛けるブランド「ラスト イヤー ビーング ブローク(LAST YEAR BEING BROKE)」のアイテムも販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら