ファッション

「ルイ・ヴィトン」がネットフリックス人気ドラマとコラボ

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は2018年春夏コレクションで、ネットフリックスの人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界(STRANGER THINGS)」のTシャツを発表した。黒いTシャツに、10月27日に公開される同ドラマの2シーズン目のビジュアルをプリントしたものだ。ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=アーティスティック・ディレクターは昨年インスタグラムでキャストと一緒に写っている写真を投稿しており、自身もファンのようだ。

 「ストレンジャー・シングス 未知の世界」はネットフリックスのオリジナルドラマで、SFホラー作品だ。16年7月に1シーズン目が公開された。ネットフリックスでは視聴回数トップ5に入る人気シリーズで、17年のクリエイティブエミー賞で5部門を受賞し、エミー賞にもノミネートされた。

 なお、キャストの1人、ミリー・ボビー・ブラウン(Millie Bobby Brown)は「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」のクチュールライン「カルバン・クライン バイ アポイントメント(CALVIN KLEIN BY APPOINTMENT)」の広告にも起用された。さらに、彼女はラフ・シモンズ(Raf Simons)「カルバン・クライン」チーフ・クリエイティブ・オフィサーがプロデュースした、英国発バンドのザ・エックス・エックス(The xx)の「アイ・デア・ユー(I Dare You)」のミュージックビデオにも出演している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら