ファッション

エイサップ・バリが手掛けた「ヴィーロン」、東京と福岡でポップアップ エイサップ・ロッキーも来日

 ニューヨークを拠点とするヒップホップ集団、エイサップ モブ(A$AP MOB)の創立メンバーのエイサップ・バリ(A$AP Bari)が手掛けていた「ヴィーロン(VLONE)」が10月8〜10日、東京・原宿と福岡の2カ所でポップアップストアを同時オープンする。原宿はセレクトショップのヘザー グレー ウォール(東京都渋谷区神宮前3-28-5)で、福岡はセレクトショップのチェリー(福岡県福岡市中央区大名1-1-9)。両店舗ともに初日8日の朝9時から整理券を配布予定で、エイサップ・バリが2018年春夏のパリ・メンズ・コレクションで発表したアイテムを世界先行販売する他、日本限定のアイテムも数型取り扱う予定だ。

 「ヴィーロン」は、直営店を持たずや卸も行わないブランド。洋服は、ゲリラ的にオープンするポップアップストアやコラボアイテムの取り扱い先しか販売しないことから、アイテムの希少性が極めて高く、「ナイキ(NIKE)」とのコラボ“エアフォース1(AIR FORCE 1)”が9万4000ドル(約1034万円)を超える高値でオークションで落札されるなど、ストリートではカルト的人気を誇る。日本でのポップアップストアは、3月に1500人を超す行列を作った「ザ・パーキング銀座(THE PARK・ING GINZA)」以来、2度目。なお、現在は同じくエイサップ モブに所属する人気ラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)と、ストリートブランド「クロット(CLOT)」も手掛ける香港人デザイナーのエディソン・チャン(Edison Chen)がブランドを率いている。

 また、東京・六本木に先月オープンしたばかりのニューヨーク発ナイトクラブ「ワンオーク(1 OAK)」のアジア初店舗「ワンオーク トウキョウ(1 OAK TOKYO)」では7日、エイサップ・ロッキー本人にくわえ、エイサップ モブ所属のコージーボーイズ(Cozy Boys)を迎えたローンチパーティーを開催する。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら