ファッション

「リーバイス」がアジア最大級の旗艦店を大阪・心斎橋にオープン

 「リーバイス(LEVI'S)」は、アジア最大級の旗艦店となるリーバイス ストア 大阪店を10月7日にオープンする。2フロアで構成され、売場面積は計375平方メートル。「リーバイス」の全ラインをそろえ、客のカスタマイズに応えるリーバイス テーラー ショップを2階に備える。いずれも関西圏で初の試みとなる。

 「なぜ大阪だったのか?」の問いに、パスカル・センコフ(Pascal Senkoff)=リーバイ・ストラウス ジャパン社長は「現状、インバウンド(訪日外国人)の数およびその購買熱は東京に比べ、大阪が高い。デニムウエアのオリジネーターである『リーバイス』の歴史と今をより多くの方に体感いただきたい。また本社のあるサンフランシスコと大阪市が今年、姉妹都市提携60周年を迎えたことも一因だった」と回答。

 注目は、日本で初めての扱いとなるリーバイス オーソライズド ビンテージ(LEVI’S AUTHORIZED VINTAGE)の存在だ。1980~90年代を中心としたアメリカ製古着を「『リーバイス』が選定。場合によってはフォルムを今日的にアップデートしたり、カスタムして販売する」。今年は、サード(3rd)の愛称で知られる “タイプⅢトラッカージャケット”が50周年ということもあり、まずは同アイテムにフォーカスする。価格は2万5000~3万円。「“501”をはじめ、今後はジーンズの展開も予定している」という。

 将来的には客から不要になったウエアを回収し、リメイクして販売することも検討しており、1本のジーンズを長くはいてもらうことを提案。リーバイ・ストラウス ジャパンは2016年より、衣料品類を回収してリサイクルする「クロージング・リサイクリング」を実施しており、地球環境に配慮した「リーバイス」のモノ作りの姿勢をあらためて強く打ち出すことになる。

■リーバイス ストア 大阪店
住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋1-6-8
時間:11:00~21:00
定休日:不定休

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら