ファッション

透ける素材がトレンドでPVCはどこまで流行る?

 2018年春夏コレクションのトレンドのキーワードの一つがトランスペアレントです。透け感のある素材を重ね、肌がうっすら見えるレイヤードスタイルが多く登場しました。その“透け感”のトレンドの流れで、PVC(ポリ塩化ビニール)素材を用いたウエア、シューズ、バッグなどが多くのブランドから提案されていたました。

 2月に発売予定の「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」と「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のコラボレーションでもシューズをすっぽりPVCで覆ったブーツやパンプスが数多くラインアップしていました。

 ランウエイでは「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」や「セリーヌ(CELINE)」がPVC素材のバッグをラフにつかんで持つスタイルが登場したり、自然や水にインスパイアされた「シャネル(CHANEL)」は水をPVCで表現したりしていました。シューズは、梅雨の時期に足が蒸れてしまうかもしれないというリスクがありますが、バッグなら軽いし、カラフルなPVCで提案したらヒットしそうな予感です。

 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」はウエアでもPVCを使用。「ヴァレンティノ」にかかれば、ジャケットがフューチャリスティックでエレガントに仕上がるからさすがです。多くのブランドで提案されていたPVC。どこまでマスマーケットに広がるか気になるところです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。