ファッション

アダストリアが飲食新会社を設立 カフェ・カンパニーとの合弁は解消

アダストリア(ADASTRIA)は飲食事業を手掛ける新子会社として、ADASTRIA eat Creationsを設立した。資本金は1000万円で、アダストリアが100%出資する。社長は木村治アダストリア常務取締役が兼務する。一方、2016年11月にカフェ・カンパニー(CAFE COMPANY、楠本修二郎・社長)と設立した合弁会社peoples inc.(カフェ・カンパニーが66%出資、アダストリアが34%出資)は合弁契約を解消した。「両社は衣食住をともに展開したいという思いから、約1年間、今後の食関連事業のあり方について、机を並べ、共に学び準備をしてきた。だが、両社双方の理念や社風、あるいは経営方針を互いに再度見つめ直し、それぞれの展開に改めて特化する道を歩むことにした」とアダストリア。保有全株式をカフェ・カンパニーに譲渡し、関係会社から除外する。

アダストリアは飲食事業について、新たな収益源として、また、ライフスタイル提案の強化にあたり、17年4月に公表した3カ年計画でも重要なコンテンツとして位置付けてきた。「ADASTRIA eat Creationsを通じて、新たな価値観やカルチャーの発信を加速し、人々に豊かな暮らしと体験価値を提供していきたい」と同社。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら