ファッション

アダストリアがブランド初の「グローバルワークカフェ」オープン

 アダストリアは、売上高382億円(2017年2月期)で同社のナンバーワンブランドである「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」初のブランドカフェ「グローバルワークカフェ(GLOBAL WORK CAFE)」をイオンモール浜松市野店に6月8日にオープンする。運営するのは、昨年11月にアダストリアがカフェ・カンパニーと合弁で設立したピープルズインク(PEOPLES INC.)だ。

 「グローバルワーク」はその名の通りグローバルブランドを目指すべく、店舗の大型化を図っているところ。商品の拡充とともに、新しいブランド価値の体験を提供できるコンテンツやサービスの開発に力を入れている。浜松市野店は店舗面積が約1200平方メートルの大型店で、先行して4月にオープンしている。「グローバルワークカフェ」は約196平方メートルで、アパレル、雑貨のショッピングゾーンとつなげ、開放的な空間としている。

 ピープルズインクは、より豊かな“NIPPON の衣・食・住”を育み、ワクワクする未来を創造していくことを目指すと宣言している。メニューも、“カフェのお茶づけ”などの和のテイストを取り入れたごはん(740円〜)、パンケーキとドラ焼きを組み合わせた“パンドラ”(740円〜)などの和創作料理をラインアップする予定だ。

 アダストリアは今年4月、20年2月期を最終年度とする3カ年計画で、基本戦略の一つに「顧客ニーズの変化に対応した新規事業の開発・オムニチャネルへの対応」を掲げている。アパレルに加え、雑貨、家具、飲食など暮らしをとりまくカテゴリーへと事業領域を拡大しているところで、ピープルズインクと共創した「グローバルワークカフェ」はその第一歩となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。