ビジネス

米「ティーン ヴォーグ」休刊 コンデナストが業務削減に踏みきる

 企業のスリム化を進めている出版社コンデナスト(CONDE NAST)の一連の取り組みがいよいよ大詰めだ。同社はすでに新規採用を凍結しており、全社員の2.5%にあたる80人を削減する。また、部署ごとの予算も削減されると見られており、業績の悪い部署や媒体は最大20%の予算カットとなる見込みだ。

 また情報筋によると、コストカットに伴い同社傘下の「ティーン ヴォーグ(TEEN VOGUE)」の休刊が決まった他、「GQ」「グラマー(GLAMOUR)」「アリュール(ALLURE)」などは年12回から11回へ、「ボナペティ(BONAPPETIT)」は年11回から10回へ、それぞれ頻度を減らして発行するようだ。なお、「ヴァニティ・フェア(VANITY FAIR)」「ヴォーグ(VOGUE)」「ワイアード(WIRED)」「ザ・ニューヨーカー(THE NEW YORKER)」「ブライズ(BRIDES)」は現状維持だという。

 同社は今年始めに従業員100人を解雇した他、媒体の垣根を越えて部署を統合するなど改革を行ってきた。今回予定されている大規模な業務削減や休刊・発刊頻度削減について、同社のコメントは得られなかった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら