ビジネス

アリババの世界最大規模セールイベントに「フルラ」などラグジュアリーブランドが参加

 中国最大手EC企業のアリババ(ALIBABA)が20日、上海でTモールコレクション(Tmall Collection)のエンターテインメントショーを8時間にわたって開催した。ファッションショーはもちろん、ラッパーのVaVaなどがパフォーマンスを披露し会場を盛り上げた。

 見てその場ですぐ買える“SEE NOW, BUY NOW”形式と銘打ってはいるが、イベントで披露されたアイテムが買えるのは、アリババの自社プラットフォームと提携するテレビとオンラインビデオサイトで一斉放送される31日に、事前予約という形で可能になる。

 同イベントは、中国の記念日「独身の日(11月11日)」に開催する世界最大規模のセールに向け、世界的なラグジュアリーブランドを取り込むことが目的だ。ジェシカ・リウ(Jessica Liu)=Tモールファッション(Tmall Fashion)プレジデントは「2年前だったらラグジュアリーブランドは独身の日のセールに参加するのを嫌がっただろう。だが、アリババのプラットフォームでの購入が習慣化している若年層を取り込むために、昨年から参加を承諾するようになってきた」と話す。

 今回のTモールコレクションには、「ゲラン(GUERLAIN)」「アディダス(ADIDAS)」「レイバン(RAY-BAN)」「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA’S SECRET)」「リモワ(RIMOWA)」「ポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)」「フルラ(FURLA)」「SMCP」などが、ブランドアンバサダーである中国人セレブを起用したパフォーマンスやファッションショーなどを実施した。

 また、ニューヨーク・ファッション・ウイークを主催するのCFDAとの提携により、ニューヨークブランドの「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」「ロバート ゲラー(ROBERT GELLER)」「ジェイソン ウー(JASON WU)」がショーに初参加した。

 ロバート・ゲラー=デザイナーは「小さなブランドほど有意義な形で中国市場に参入することは難しい。僕が2001年に初めてニューヨークを訪れた時と同じポテンシャルとエネルギーが、今の中国のストリートには満ちている。また、アリババのプラットフォームの膨大なユーザーと、リーチする力には計り知れない可能性がある。このショーは中国市場に参入する大きな一歩になる」と語った。

 また、すでに北京、上海、香港で卸売りを開始している「オープニングセレモニー」にとってもアリババのショーに参加することでさらなるリーチが見込めるという。「ケンゾー(KENZO)」のクリエイティブ・ディレクターも務めるキャロル・リム(Carol Lim)「オープニングセレモニー」共同設立者は「われわれは『オープニングセレモニー』をグローバルブランドと考えており、最大のプラットフォームの一つであるTモールと提携できれば、これまでリーチできていなかったより多くのユーザーにリーチできる」と話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら