ファッション

「ハレ」と「ロバート ゲラー」がコラボ 東コレでお披露目へ

 アダストリアの「ハレ(HARE)」は、ニューヨーク発のメンズブランド「ロバート ゲラー(ROBERT GELLER)」と2018年春夏シーズンにコラボレーションを行う。アイテムは全12型で、価格帯は1万〜3万円。公開されたイメージ画にはストライプ柄のコートやシャツ、パンツなどが描かれており、「ロバート ゲラー」では初となるウィメンズアイテムも登場する。10月の「アマゾン ファッション ウィーク東京(AMAZON FASHION WEEK TOKYO)」で開催する「ハレ」のランウエイショーで披露する予定だ。

 「ロバート ゲラー」は、「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」や「クローク(CLOAK)」でキャリアを積んだロバート・ゲラーが06年に設立した。テーラードを軸にしたシックなスタイルに、ストリートファッションの要素を加えた服作りを特徴とする。09年の「ベスト・ニュー・メンズウェアデザイナー・イン・アメリカ(Best New Menswear Designers in America)」をはじめ、数々の賞にノミネートされている。

 ゲラー=デザイナーは今回の協業について「『ハレ』は新しい世代に向けて大変興味深いブランド。次世代が今後何に関心を持つかに重点を置いて一緒に取り組めたことは、素晴らしい経験だった。ウィメンズの洋服を作ることに非常に喜びを感じている。10年前に『ロバート ゲラー』を立ち上げて以来、女性のためにデザインするのは初めて」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら