ニュース

中国大手ECサイトがロンドンコレ主催者と提携し英ブランドの中国進出を支援

 アリババに次ぐ中国第2の大手ECサイト、JDドットコム(JD.COM)は英国ファッション協議会(British Fashion Council以下、BFC)と提携し、毎年受賞者にメンター指導と資金援助を提供するコンテスト「BFC/ヴォーグ ファッション ファンド(BFC/Vogue Fashion Fund)」をサポート。受賞者の中国市場進出を支援する。

 2016年にスタートした同社のラグジュアリーECサイト、JDファッションは提携を記念し、「フーシャン・ツァン(HUISHAN ZHANG)」と「メアリー カトランズ(MARY KATRANTZOU)」のロンドン・ファッション・ウィークでのランウエイを支援した。

 ディン・シャ(Ding Xia)JDファッション=プレジデントは「中国の消費者はさらに洗練されている。かつては全身ハイブランドでそろえていたが、今は個性を大切に考えている。ラグジュアリーブランドやロゴから卒業しつつあり、イギリスブランドも急速に注目を浴び始めた今、この提携はベストタイミングだった」と語った。

 キャロライン・ラッシュ(Caroline Rush)BFC=CEOは「JDドットコムは偽物商品に対し厳格な体制をとり、ブランドを保護してきた。ブランドのクリエイティビティーは保護したい。また、中国はBFCにとっても若手デザイナーにっとっても重要なマーケットだが、市場が急成長しているため、ガイドが必須。JDドットコムの顧客データは、気鋭デザイナーにとっても役立つだろう」とコメントした。

 JDドットコムは今後、パリやミラノでも同様の提携を探る。