ビジネス

中国大手ECのJD.com “白い手袋”配送サービス開始

 中国第2位の大手ECサイト、JD.comは、同サイトの高額商品購入者を対象に、“白い手袋”配送サービスを始める。このサービスは、スーツに白い手袋をつけたJD.comの専属配達人が、通常のトライサイクルやスクーターではなく、電気自動車で高額商品を家まで届けてくれるというもの。JD.comは出入庫から宅配まで自社で行っている。

 ディン・シャ(Ding Xia)JDファッション プレジデントは、「このサービスは、JD.comが世界のトップブランドとのパートナーシップを強化するための初めの一歩。ラグジュアリーブランドは、配送サービスの質の低さから、EC上に商品を提供することに抵抗があった。これまでオンラインでは体験できなかった、ラグジュアリーブランド購入時のおもてなしを、オンラインでも提供したい」と語る。

 同サービスは北京、上海、広州の3都市でスタートし、今後数年間で大幅に拡大する予定。“白い手袋”サービスの対象になるのは高級時計やジュエリーなどの小型高額商品に限るが、年内には高級ファッションも対象になる。

 また、JD.comはドローンによる配送サービスを実験しており、5月、四川省に150機のドローン用の発着所を設置すると発表した。これが実現すれば、輸送コストを70%削減し、24時間以内に消費者に商品を届けることが可能になるという。

 「カルティエ(CARTIER)」は中国で2月に実施したバレンタインデーキャンペーンで、150個限定のピンクゴールドのブレスレットの早期受注分88個を“カルティエボーイズ”が歌を歌いながら受取人に直接届け、好評を博した。“白い手袋”サービスはこれを超えるかもしれない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら