ニュース

「フラウ」「おとなスタイル」が定期刊行を終了 “オプティマム”なメディアとして再スタート

 講談社が発行する「フラウ(FRaU)」「おとなスタイル」が発行形態を変更する。まず、「フラウ」は来年3月号を最後に月刊の定期発行を取りやめる。自社メディア「イット ライフ バイ フラウ(it LIFE by FRaU)」は存続し、今後はコンテンツに応じて雑誌やウェブなど最適な露出先を選ぶ“オプティマム”なメディア形態をとる。紙媒体については来年3月の“アスレジャー”をテーマにしたムック発売を皮切りに、新形態をスタートする。加えて、他社サイト制作のコンサル事業といったビジネスも始める。

 「おとなスタイル」も季刊での定期発行をやめ、来年3月以降は随時刊行を予定する。また、7月に講談社がデジタルガレージと立ち上げた合弁会社DKMediaのキュレーションサイト「ホリックス(HOLICS)」にもコンテンツを提供してきた両媒体だが、3月までは配信を続け、その後は現時点では未定だという。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら