ニュース

高島屋の日本橋再開発エリアの名称は「日本橋高島屋S.C.」

 高島屋は、高島屋日本橋店と隣接した専門エリアで構成する新・都市型ショッピングセンター「日本橋高島屋S.C.」を2018年9月に開業する。百貨店建築では日本初の重要文化財である本館(髙島屋日本橋店)と、中央通り側の開発地区の低層部新館(地下1階~地上7階)、18年春に先行開業する昭和通り側の開発街区の低層部東館(4、5階)に、15年に開業したウオッチメゾンを加えた4館で構成。百貨店を核にした約6万6000平方メートルのショッピングセンターが誕生する。

 新館、東館、ガレリア専門店(本館側面)からなる、新設の専門店エリアは、グループ会社の東神開発がテナントリーシングおよび管理運営する。従来の百貨店に新しい魅力を付加した商業施設を構築する。

 全体コンセプトは“「美しい暮らしスタイル」を発信する店”。新館のコンセプトは“「日本橋生活者」のための場の提供”。日本橋生活者が、職場でも家でもない居心地の良いスペースとして思い思いの時間を過ごせる場所を提供する。想定ターゲットは、高島屋日本橋店既存の顧客、増加傾向にある近隣商圏のオフィスワーカーや居住者、日本橋地区全体で流入が増加している国内外ツーリスト。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら