ニュース

ロレアル17年上半期は純利益40%増 リュクス事業部がけん引

 ロレアルの17年1〜6月期決算は売上高が前年同期比4.0%増の134億1190万ユーロ(約1兆7400億円)、営業利益が同7.0%増の25億3040万ユーロ(約3264億円)、純利益が同37.3%増の20億3400万ユーロ(約2623億円)と増収増益だった。

 特にリュクス事業部がアジア・パシフィックを筆頭に、売上高が同15.4%増と好調だった。「ランコム(LANCOME)」は「ラプソリュ ルージュ」や「マット シェイカー」、「イヴ・サンローラン・ボーテ(YVES SAINT LAURENT BEAUTE)」は「ヴォリュプテ ティントインバーム」など売り上げをけん引した。16年に買収した「イット コスメティックス(IT COSMETICS)」と「アトリエ コロン(ATELIER COLOGNE)」も順調に伸びた。「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE POSAY)」や「ヴィシー(VICHY)」が伸びたアクティブ コスメティックス事業部も同11.1%増と2桁成長を見せた。同事業部は17年3月に北米で人気のスキンケアブランド「セラヴィ(CERAVE)」「アクネフリー(ACNEFREE)」「アンビ(AMBI)」を買収したことにより、同地域で大きく貢献した。コンシューマー プロダクツ事業部は同3.8%増、プロフェッショナル プロダクツ事業部も同0.9%増と堅調に推移した。ECは同29.5%増と大幅に伸び、全売上高の7%を占めた。

 また、同社は6月に「ザ・ボティショップ(THE BODYSHOP)」をブラジルのナチュラ(NATURA)に売却する契約を締結。ジャン・ポール・アゴン(Jean-Paul Agon)会長兼最高経営責任者は「『ザ・ボディショップ』の売却により、利益率が伸び、通期では初めて18%という高い利益率をマークできる可能性がある。売り上げと利益の双方において目標をクリアするだろう」と自信を見せる。

 

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら