ファッション

「無印良品」がシンガポールにアセアン最大の旗艦店をオープン

 良品計画は、シンガポール中心地にある大型ショッピングモールのプラザシンガプーラ内に、アセアン地域最大の「無印良品」旗艦店を7月21日にオープンする。プラザシンガプーラの1階に位置し、売り場面積は約1640平方メートル。シンガポール初の取り扱いとなる「ムジラボ(MUJI Labo)」「ファウンドムジ(Found MUJI)」「イデー(IDEE)」の家具などをそろえる他、「オープンムジ(Open Muji)」や「カフェ&ミール ムジ(Cafe & Meal MUJI)」を併設する。同店の開店により、シンガポール内では11店舗目、海外での店舗数は423店舗となり、「無印良品」は海外の店舗数が日本国内での展開店舗数を上回る。

 同店に導入した「カフェ&ミール ムジ」は、他店と同様のデリメニューに加え、同店舗限定メニューとしてポークカツ丼などの単品メニューを用意する他、持ち帰り専用でおにぎりとデリのセットを提供する。また、シンガポールで初めて「ファウンドムジ」を導入するにあたり、「無印良品」のアドバイザリーボードメンバーでもあるプロダクトデザイナーの深澤直人がオープン日にプラザシンガプーラ近くのホールで講演を行う。

 良品計画は、2020年度までに国内502店、海外698店の計1200店舗を目指し、東アジアを中心にした海外での出店ペースを加速している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。