ファッション

「ランバン」のブシュラ・ジャラールが仏芸術文化勲章を受章

 「ランバン(LANVIN)」のウィメンズ・アーティスティック・ディレクターのブシュラ・ジャラール(Bouchra Jarrar)は、芸術文化勲章オフィシエを受章した。そのセレモニーが6月28日、フランス・パリ市立ガレリア美術館・モード&コスチューム博物館で行われた。セレモニーには、オードレ・アズレ(Audrey Azoulay)前文化・通信大臣、クリスチャン・トビラ(Christiane Taubira)元司法大臣、オリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)=パレ・ガリパリ市立ガレリア美術館・モード&コスチューム博物館館長、セルジョ・ラヴィーニュ(Serge Lasvignes)=ポンピドゥ・センター会長、映画監督のニコール・ガルシア(Nicole Garcia)、女優のラチダ・ブラニ(Rachida Brakni)、歌手のケレン・アン(Keren Ann)、デザイナーのファリーダ・ケルファ・セドゥ(Farida Khelfa)、メルセデス・エラ=アバス ワールドワイド・エグゼクティブ・プレジデント、ドミニク・イサーマンらが出席した。

 アズレ前文化・通信大臣は、「ブシュラ・ジャラールはファッションが社会にもたらしうる現象のシンボルであり、鋭い視点と深いレジリエンスで常に前向きな姿勢がある。それは、彼女のデザインの背景に、世界を理解し支援するという希望もあるから」と紹介した。また、「彼女のデザインは、完璧なストラクチャーとパーフェクトなカットでとても女性らしく、フリュイドと軽さは、揺るぎない強いラインから構築されている。私から見ると、今日の女性が探し求めている理想のスタイル。それを、現実に昇華させるためにデザインを生かしている。」とコメントした。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら