ファッション

あの歴史的スーツを「シャネル」と再現 映画「ジャッキー」が公開に

 映画「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」が3月31日に公開される。1963年11月22日に暗殺された第35代アメリカ大統領、ジョン・F・ケネディのファーストレディーとして責務を全うしたジャッキー、ジャクリーン・ケネディの姿を描いている。劇中では、ホワイトハウスを修復するシーンや、ケネディ暗殺直後の悲しみにくれる中、移動の飛行機内で新しい大統領任命に立ち会うシーンなどが再現されるとともに、ナタリー・ポートマンがジャッキー独特の訛りを忠実に演じていたり、ジャッキーのファッションスタイルで知られるアメリカ製のツイードスーツを「シャネル(CHANEL)」の協力の下、当時の縫製技術にならい、ピンクや赤のスーツを再現するなど、ジャッキーをオマージュ。また、ジャッキーが愛用していた「ピアジェ(PIAGET)」の時計やネックレスも劇中に登場する。

 バーニーズ ニューヨーク銀座店と横浜店、福岡店では4月2日まで、ナタリー・ポートマン着用の劇中衣装を展示している。

3月31日(金)から、TOHOシネマズ シャンテ他全国で公開
配給:キノフィルムズ

【関連記事】
■アカデミー衣裳デザイン賞の常連デザイナーが語る 映画「キャロル」の見所と50年代のNYファッション
■「クリスチャン ダダ」が映画「東京喰種」のマスク制作
■マルジェラの素顔に迫るドキュメンタリー映画が公開

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら