ニュース

「アットコスメ」が日本の美を世界に発信

 アイスタイルは、古来から伝わる日本の美を再発見し、世界に発信する「アットコスメ 日本 プロジェクト(@cosme NIPPON PROJECT)」を始動する。3月24日、コスメ・美容の総合サイト「@cosme」内に特設サイトを開設。また、日本の素材を活用した「@cosme nippon」ブランドを企画・商品化し、3月1日から第一弾商品を「@cosme shopping」などで販売する。

 同プロジェクトは、日本ならではの美意識や美容文化、世界に誇る美容素材、美容技術から生まれたコスメやサービスを発掘し、その情報を継続的に国内外に発信するもの。日本の美の魅力を発信することで、日本の化粧品業界全体の、世界におけるプレゼンスの向上を目指す。特設サイトでは、第一弾として椿や麹などの日本独自の天然由来成分に着目し、その素材から生まれた国産コスメやご当地コスメを取り上げ発信する。

 またプロジェクトの一環として、連結子会社のアイメイカーズが、日本各地の豊かな自然や食文化、伝統が育んだ素材や天然成分を、「@cosme」の商品・口コミデータベースなどを基に発掘し、「@cosme nippon」ブランドとして商品化。第一弾は、沖縄県のオキナワモズクから抽出される、保湿成分フコイダンなどを配合したフェイスマスク「海藻と花と果実の美容マスク with 琉球美肌」を3月1日から発売する。なお、第二弾は熊本県阿蘇の馬のこうね(たてがみ)馬油を使用したネイル・ハンドケア商品の販売する予定だ。

 販売は、ECサイト「@cosme shopping」や国内各地の「@cosme store」の他、海外では天猫(Tモール)国際などに出店しているアイスタイルの中国越境EC旗艦店「@cosme 官方海外旗艦店」や、5月5日オープン予定の「@cosme 微風広場 台北駅店」で行う。

【関連記事】
■アットコスメが資生堂とタッグ 町田マルイに体験型店舗オープン
■「アットコスメ」ベストコスメ 総合大賞は「アディクション」

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら