ニュース

谷まりあがカラコンモデルで4ルックを披露

 プリントシール機やカラーコンタクト通販などを手掛けるフリューは、ガールズアワードとコラボレートし、オリジナルカラーコンタクトブランド「Re coco(リココ)」を発売した。これは“瞳も、気分次第”をコンセプトにした新ブランド。カラーコンタクトもファッションやメイクの一部と考え、「気分次第で瞳のおしゃれを楽しんでほしい」という思いで商品開発したものだ。

 ラインアップは、引き算メイクや色っぽいシンプルなファッションに合う「レディーアイリス」、クールメイクや大人ストリート系ファッションに合う「ヘーゼルハニー」、レトロメイクやヴィンテージ系ファッションに合う「クラシカルブラン」、しっかりメイクや海外系ファッションに合う「ルーセントリーフ」の4色。“ナチュラル派”から“盛る派”まで、幅広い層の女性に合うデザインで、レンズごとに瞳の印象が変わるので、ファッションのテイストに合わせて瞳のイメージを変えられる(イメージを盛れる)“イメ盛り”カラコンとなっている。

 レンズはいずれも、紫外線透過の軽減やレンズの潤い保持に加え、色素が直接瞳に触れない「ラップイン構造」を採用。安心で快適な着け心地を実現している。また非イオン性レンズで、レンズの汚れの原因であるタンパク質などの汚れが付きにくく、一日中鮮明な視界を保つ。

 イメージモデルには、雑誌「ヴィヴィ(ViVi)」で専属モデルとして活躍中の谷まりあを起用。数々のカラコンを試してきた彼女は、「Re coco」について「今まで見てきた中で一番ナチュラルに盛れる本当に優秀なカラコンで、毎日つけちゃうくらい!」とコメントしている。ガールズアワードともコラボしていて、5月3日の開催に向けてさまざまなプロモーションを行っていく予定だ。

■フリュー「Re coco(リココ)」
価格:(4色、各10枚入り)各1720円

【関連記事】
■資生堂「アネッサ」の新ミューズに森星を起用
■東コレ17-18年秋冬のキービジュアルが公開 モデルは新進気鋭の18歳
■「セイコー」ウェブ限定動画に綾瀬はるか aikoが楽曲を提供
■木村佳乃が「リベスト」新パウダーファンデーションの広告塔に就任

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら