ファッション

シェルが閉鎖 代官山店もクローズして22年の幕を閉じる

 シェルは3月31日、代官山旗艦店を閉店する。また、5月末には中目黒オフィスもクローズし、一時的に本社機能を鎌倉に移す予定だ。現在擁する「シェル(CHER)」と「シェルショア(CHERSHORE)」「ビューティフリーアンルーリー(BEAUTIFULLY UNRULY)」は卸販売もやめ、昨年12月に立ち上げたビンテージと古着のリメイクブランド「マリオン(MALION)」は独立し、企画などを担当してきた2人が手掛ける。

 シェルは1995年、原宿キャットストリートの裏手にセレクトショップを開き、美脚ジーンズの先駆け的な米デニム「アールジーン」をいち早く取り扱い、注目を集めた。97年にベーシックな「フルーツケイク(FRUIT CAKE)」、2001年に大人の女性向け「ビアンカ クローゼット(BIANCA‘S CLOSET)」をスタート。インポートとオリジナルの独特な品ぞろえと世界観が原宿に西海岸ブームを作り、エコバッグやムック本などでも話題になった。しかし15年に、会社設立20周年を迎えたことを機に、ロゴを変えリブランディング。「フルーツケイク」と「ビアンカ クローゼット」を休止し、それぞれのコンセプトを踏襲した「ビューティフリーアンルーリー」を立ち上げた。3月には代官山店を全面改装し、リニューアルしたばかりだった。

 山崎嘉子・社長は自身のブログで、「仕事が大好きだし、趣味の延長で遊ぶように楽しく働いてきました。仕事そのものが私生活と分かちがたく結びついていて、夢の中ですら仕事をしていた22年間でした。しかし、もう何年か前から自分たちの『引き際』というものについて考えてきました。(中略)物事には始まりがあり、終わりがある。それは、悲しいことではなく、自然の理なのだと思うのです」などとつづっている。

【関連記事】
■シェルがリブランディング 秋に新ブランド「ビューティフリー アンルーリー」をデビュー
■20周年を迎えた「シェル」が豪華なパーティーを開催 今後の展望は?

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら