ビジネス

ディオールの2016年売上高は2300億円

 クリスチャン ディオール クチュール(CHRISTIAN DIOR COUTURE)の2016年12月期決算は前期比3.4%増の19億3600万ユーロ(約2342億円)、営業利益が同5.0%増の2億5200億ユーロ(304億円)だった。

 「ディオール(DIOR)」は16年7月、ラフ・シモンズ(Raf Simons)前アーティスティック・ディレクターの後任としてマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)前「ヴァレンティノ(VALENTINO)」クリエイティブ・ディレクターを起用し、17年1月27日にパリ・ロタン美術館で彼女による初のオートクチュールショーを発表した。

【関連記事】
■エルメス、2016年売上高は日本が20%増
■スウォッチグループ、2016年度の純利益は半減
■LVMH2016年度は売上高・営業利益ともに過去最高 上場来高値更新

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら