ファッション

ココ・シャネルも使った英ツイード「リントン」のメンズ服登場

 イギリスのツイード生地ブランド「リントン(LINTON)」を扱うリントン・ジャパンはこのほど、同素材を使ったメンズライン「リントン メン(LINTON MEN)」をスタートする。ファーストシーズンは、ジャケットとコート、それぞれ1型に対し、12素材で展開する。

 英「リントン」は1912年に創業、最大の特徴は高品質なウールやコットンに、カラフルなファンシーヤーンを織り交ぜたファンシーツイード。ココ・シャネル(Coco Chanel)が創業以来使っていると言われ、さまざまな色がミックスされたコレクションは、ファンシーツイードの代名詞にもなっている。内沼隆治リントン・ジャパン社長は、「『リントン メン』は日本独自のライン。生地販売を手掛ける当社から出すことで、ジャケットで8万2000~9万8000円、コートで11万~12万8000円と、ファクトリーブランドの価格帯に抑えられた」。リントン・ジャパンは、英リントン社と日本で生地販売を担ってきたウチヌマが01年に折半出資で設立。今後は「リントン メン」の販売も行っていく。

【関連記事】
■18年春夏のファッション素材を提案 伊ミラノで見本市開幕
■「ミラノ・ウニカ」が提案する18年春夏のテキスタイルトレンド

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら