ファッション

2016年、WWD JAPAN.comで最も調べられた検索ワードとは?

 2016年、WWD JAPAN.comで最も検索された「検索ワードランキング」を大発表!順位は15年12月1日から16年11月30日までの約1年間をもとに決定。夢のコラボやブランド廃止のニュースなど、年の瀬を検索ワードとともに振り返ってみては?

第10位:カルティエ 値下げ

161231_ranking_cartier
 8月に日本での小売価格を10%値下げした「カルティエ(CARTIER)」。高額品の多いブランドの値下げは、注目が高かった。なお、7月にはセレクトショップのビームスと初の協業となるイベント“THE HOUSE OF THE DRIVE MAN IN TOKYO”を開催した他、10月には映画監督の北野武がレジオン・ドヌール勲章をカルティエ現代美術財団で受章した。

【関連記事】
「カルティエ」が平均10%の値下げ 円高に伴い価格改定
「カルティエ」がビームスと協業 31日まで新作時計のライフスタイルを表現するイベント開催中
北野武がレジオン・ドヌール勲章をカルティエ現代美術財団で受章

第9位:コム デ ギャルソン

161231_ranking_garcons
 10月に発表した17年春夏コレクションで「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカー“ヴェイパーマックス”と“チャッカ・モック”を発表し、11月にはiMessage専用の絵文字アプリをリリースした「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」。来年5月にはニューヨークのメトロポリタン美術館(METROPOLITAN MUSEUM OF ART)で「川久保玲 / コム デ ギャルソン展(Rei Kawakubo / Comme des Garçons)」の開催も予定している。

【関連記事】
「ギャルソン」×「ナイキ」 スニーカー2モデルを同時発表
「ギャルソン」がiMessageの絵文字アプリをリリース
「ギャルソン」川久保玲展、NYで開催か

第8位:ヨウジヤマモト

161231_ranking_yohjiyamamoto
 第8位には、「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」がランクイン。7月の「23歳の記者から山本耀司へ37の質問」は、ファッション業界人だけでなく、同ブランドのパリコレのショー音楽を担当した経験を持つYELLOW MAGIC ORCHESTRAの高橋幸宏を始めとする著名人をも唸らせた。なお、今月10日から「画と機 山本耀司・朝倉優佳」、17日から「ヨウジヤマモト / モード写真」展を開催中だ。

【関連記事】
23歳の記者から山本耀司へ37の質問
EXILE&三代目JSBの小林直己がパリコレデビュー 「ヨウジヤマモト」のショーに登場
山本耀司が展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」を開催
ヨウジヤマモトがモードな写真展開催

第7位:鎌倉シャツ

161231_ranking_kamakura
 天然素材を活かした着心地の良さとデザイン性に加え、1万円を切る低価格がビジネスマンの支持を集めるメーカーズシャツ鎌倉、通称「鎌倉シャツ」。全国に25店舗を構え、昨年12月にはニョーヨークのロウアー・マンハッタンに海外2店舗目、今年7月には台湾の台北に海外3店舗目をオープンした。

【関連記事】
鎌倉シャツ、台湾1号店を7月30日オープン アジア初出店
鎌倉シャツが高級商業モール「ブルックフィールドプレイス」にNY2号店をオープン

第6位:ルイ・ヴィトン展

161231_ranking_lv
 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が東京・紀尾井町で開催した「空へ、海へ、彼方へ—旅するルイ・ヴィトン展(VOLEZ, VOGUEZ, VOYAGEZ - LOUIS VUITTON)」が第6位に。4〜6月の約2カ月間の開催で来場者数は10万人を超えた。開催に先駆けて行われたオープニング・レセプションにはキム・ジョーンズ(Kim Jones)=「ルイ・ヴィトン」メンズ アーティスティック・ディレクターや映画監督のソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)、長澤まさみ、木村佳乃、中田英寿、少女時代のユナ、EXOのスホとカイら国内外から多くのセレブリティが駆けつけた。

【関連記事】
「ルイ・ヴィトン」が東京・紀尾井町で展覧会 日本にフォーカスした展示も
「空へ、海へ、彼方―旅するルイ・ヴィトン」展オープニング・レセプション 国内外のセレブリティーが駆けつけ、開幕を祝う

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら