ファッション

「BCBG」がコレクションとコマーシャルライン統合

 米ビーシービージーマックスアズリア グループは、コレクションラインである「ビーシービージーマックスアズリア ランウェイ(BCBGMAXAZRIA RUNWAY)」と、コマーシャルラインの「ビーシービージーマックスアズリア(BCBGMAXAZRIA)」を統合すると発表した。

 この統合を見据え、今年は9月のニューヨーク・ファッション・ウィークをスキップ。今後、「ランウェイ」は、「ビーシービージーマックスアズリア」に内包され、新たにエクスクルーシブなラインを路面店限定で4月から順次発売する。エクスクルーシブラインの価格帯はイブニングドレスで12万円~を予定しており、コマーシャルラインのイブニングドレス4万~8万円とあわせると、ブランド全体でさらに幅広い品ぞろえと価格帯になる。今後は、イブニングドレス以外のエクスクルーシブな商品も販売する。

 同社は昨年、経営再建計画の中で、投資会社のグッゲンハイム パートナーズ(GUGGENHEIM PARTNERS)から1億3500万ドル(135億円)の資本注入を受けると発表。今年に入り、創設者兼最高経営責任者(CEO)だったマックス・アズリアが退任し、新CEOとしてマーティー・スタッフが着任している。

 国内においては、日本法人のビーシービージーマックスアズリアジャパン立ち上げから、2017年3月で20周年を迎える。3月にオープンした銀座店、4月にオープンしたコレットマーレみなとみらい店はそれぞれ1周年を迎える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら