ビジネス

BCBGが連邦破産法第11条を申請 eコマース戦略など見直し

 ビーシービージーマックスアズリア(BCBGMAXAZRIA)が日本の民事再生法に当たる連邦破産法第11条を申請した。同社は現経営陣が引き続き経営に関わるDIPファイナンス4500万ドル(約50億円)を受けながら再建を図る。資産は1億〜5億ドル(約112億〜560億円)に対し、負債が5億〜10億ドル(560億〜1120億円)の債務超過に陥っていた。

 マーティ・スタッフ暫定CEOは声明で「『ビーシービージーマックスアズリア(BCBGMAXAZRIA)』は28年以上前にスタートしたブランド。現在われわれの取り組んでいる施策により取引先との関係、デジタル、eコマース、卸先やライセンス契約に注力することができる。連邦破産法第11条はこれらの施策と、全体戦略を推し進める上で役立つ。同時に、われわれは資本増強と海外拠点の拡大をする機会をうかがっている」とコメントしている。
 同社は、カナダの店舗閉鎖とヨーロッパおよび日本のビジネスの効率化の他、120店舗の閉鎖を含むリストラ策を1月に発表していた。また、昨年12月には、コレクションラインである「ビーシービージーマックスアズリア ランウェイ(BCBGMAXAZRIA RUNWAY)」と、コマーシャルラインの「ビーシービージーマックスアズリア」を統合すると発表し、それに伴い、ニューヨーク・ファッション・ウイークでのショーを休止していた。

 国内においては、日本法人のビーシービージーマックスアズリアジャパン立ち上げから、3月で20周年を迎える。昨年3月にオープンした銀座店、昨年4月にオープンしたコレットマーレみなとみらい店はそれぞれ1周年を迎える。

本文中の換算レート:1ドル=112円

【関連記事】
■「ビーシービージーマックスアズリア」の旗艦店が3月銀座にオープン
■「BCBG」がコレクションとコマーシャルライン統合
■BCBGマックスアズリアの創業デザイナーが退任
■アメアパ、2度目の破産法申請
■米エアロポステールが自己破産申請 150店舗以上閉店

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら