フォーカス

超ユース 若いパワーがファションシーンを牽引

 11月3〜7日に開催されたメルセデス・ファッション・ウイーク・トビリシ(MBFWT)でショーやプレゼンテーションを行ったブランドは41。その中で、旧ソ連時代やその後のジョージアを取り巻く環境からインスピレーションを得たデザイナーが想像以上に多かったことが印象的でした。

 その筆頭は、プリントを強みにシンプルなラインに少しのデザインを加えたコレクションを発表した「ラコ ブキア(LAKO BUKIA)」です。デザイナーのラコ・ブキアはトビリシ生まれの28歳。地元のアートスクールでファションとテキスタイルを学び、渡英。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションでウィメンズウエアを学び卒業後、ロンドンコレでデビューし4シーズン発表しました。その後渡米し、ニューヨーク・パーソンズでプリントを学びました。実は英国での学生時代、恩師に「君はプリントが向いていると思う」とアドバイスされたことがあるようで、実際学んでみるとしっくりきたとか。そしてトビリシに戻り、プリントに特化したブランドとして、リローンチしコレクションを発表しました。

 彼女自身が撮影したジョージアの風景がシルクやポリエステルで仕立てたドレスやコートにのせられ、中でも冷たいコンクリートの集合住宅を映したものが印象に残りました。「ジョージアでの生活が本当にハードで9年前に国を出たのだけれど、戻ってきて改めて自分の国が大好きだと実感したの」。旧ソ連が崩壊した1991年、彼女は3歳。その頃のジョージアは、街中を戦車が走っていたほど政情不安だった。「当時、電気もなかったのよ。5人家族で2ベッドルームに住んでいたわ」。彼女の父親は政府関係の仕事をしていて、海外旅行もしていたというから、どちらかというと裕福な家庭だった。にも、関わらず、電気なしの貧しい生活だったというのだから、当時の状況は、私たちには計り知れないし、そこから25年で急成長を遂げたのだと実感しました。

 「旧ソ連時代のジョージアの人たちのライフスタイルにとても興味を持ったの。ナショナルコスチュームは、みんな思い思いにアレンジしていたし、同じ間取りの家に住んでいても、勝手に拡張したり、デコレーションして個性を出していたのよ。部屋の形まで変えていたのだから、ロンドンやニューヨークじゃ考えられないことよね(笑)」。ジョージアの街並みをプリントしたドレスのほかに、アシンメトリーなシャツドレスやワイドパンツなど、時代を捉えたアイテムも用意した。ホールセール価格はシャツで80ドル程度、ドレスで115ドル〜と値頃感も魅力で、生産はジョージア。プリントの一部はパキスタンで行っているそう。