ファッション

「フルビーケー」が「オープニングセレモニー」とのカプセルコレクションを発売

DJ DARUMAがディレクターを務めるストリートブランド「フルビーケー(FULL-BK)」は9月10日、「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」とのコラボコレクションを発売した。商品は1980年代後半のイギリスで一大ムーブメントとなった“レイブ”をテーマに、デニムジャケットやスウェットシャツなど全7型をラインナップ。また、“レイブ”のムーブメントを象徴したロックバンド、プロディジー(The Prodigy)のメンバーであるキース・フリント(KEITH FLINT)のプリントTシャツもそろう。

発売当日の夜には、「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト2016」の開催と合わせてローンチパーティーをオープニングセレモニー表参道店で開催した。パーティーには、モデルのサラ・カミングス(Sara Cummingus)やLISACHRISをはじめ、DJ DARUMAも所属するクリエイティブ集団PKCZ(R)のVERBALやDJ MAKIDAIも訪れた。

【関連記事】
年に一度のおしゃれ番長決定祭「FNO 2016」ストリートスナップ
「スレトシス」2016-17年秋冬コレクション・ローンチパーティー

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら