ファッション

「フルビーケー」が「オープニングセレモニー」とのカプセルコレクションを発売

DJ DARUMAがディレクターを務めるストリートブランド「フルビーケー(FULL-BK)」は9月10日、「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」とのコラボコレクションを発売した。商品は1980年代後半のイギリスで一大ムーブメントとなった“レイブ”をテーマに、デニムジャケットやスウェットシャツなど全7型をラインナップ。また、“レイブ”のムーブメントを象徴したロックバンド、プロディジー(The Prodigy)のメンバーであるキース・フリント(KEITH FLINT)のプリントTシャツもそろう。

発売当日の夜には、「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト2016」の開催と合わせてローンチパーティーをオープニングセレモニー表参道店で開催した。パーティーには、モデルのサラ・カミングス(Sara Cummingus)やLISACHRISをはじめ、DJ DARUMAも所属するクリエイティブ集団PKCZ(R)のVERBALやDJ MAKIDAIも訪れた。

【関連記事】
年に一度のおしゃれ番長決定祭「FNO 2016」ストリートスナップ
「スレトシス」2016-17年秋冬コレクション・ローンチパーティー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら