フォーカス

「ドリス」に「ロエベ」、そして「イッセイ」 心ときめく空間演出に感じるファッションショーの必要性

 こんにちは。パリ・ファッション・ウイークも終盤に突入しました。今日は向がアップしていたコラム「パリコレで3人の記者が今気になる16のこと」の一つで「服だけじゃない、空間の作り方がファッションショーだ」について書こうと思います。

 そんなの当たり前じゃん!と思う方もいるかもですが、ブランドビジネスの成功のために “共感”や“世界観の共有”といったエモーショナルな部分が重要になっている今、あらためてどのように見せるかということの大切さを感じています。それを強く感じさせたのが、前半に取材した「ドリス ヴァン ノッテン」、そして「ロエベ」と「イッセイ ミヤケ」です。

 いつも派手ではないけどセンスのいい空間演出で多くの人を虜にしている「ドリス ヴァン ノッテン」は今季、フラワーアーティストの東信さんによる色とりどりの花を氷の中に閉じ込めた「ICED FLOWERS」をランウエイのサイドに並べました。会場内の予想外の暑さでショーが終わることにはかなり溶けてきていましたが、凛とした空間を生み出すために非常に効果的でした。東さんは2014年のパリ装飾美術館でのドリスの展覧会の際にも会場内の壁や床のプリントを手掛けていましたが、花を愛するドリスと独創的な感性で花を操るの相性は抜群!今回も今シーズンのテーマの一つである「日本」をイメージしてドリスが制作したファブリックからヒントを得て、さまざまな花を組み合わせた「ICED FLOWERS」を作ったそうです。ちなみに、ショーのフィナーレに流れた曲はマドンナの「FROZEN」。海外のゲストにはそのまま過ぎて思わず笑っていた人もいましたが、ユーモラスな選曲ですよね。