ニュース

ジョン・レイ「ダンヒル」クリエイティブ・ディレクターが退任

 ジョン・レイ(John Ray)「ダンヒル(DUNHILL)」クリエイティブ・ディレクターが2月16日、3年間の任期が満了し、退任した。1月にロンドンで発表した2016-17年秋冬コレクションが最後になった。

 レイは「ロンドンが誇る象徴的なブランドである『ダンヒル』と共に仕事をできたことを誇りに思う。今後も『ダンヒル』がユニークかつ紳士的な伝統のもとに発展し続けることを願う」とコメントした。一方、ファブリッツィオ・カルディナリ(Fabrizio Cardinali)アルフレッド ダンヒル(ALRED DUNHILL)最高経営責任者はレイについて、「われわれはブランド発展における、彼の卓越した貢献と支援に感謝する」と語った。

 レイは04年にトム・フォード(Tom Ford)の後任として「グッチ(GUCCI)」のメンズウエアデザイナーに就任した。06年に同職を去ってからは身を潜めていた。その後13年2月に「ダンヒル」のクリエイティブ・ディレクターに就任した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら