ニュース

ジョン・レイ「ダンヒル」クリエイティブ・ディレクターが退任

 ジョン・レイ(John Ray)「ダンヒル(DUNHILL)」クリエイティブ・ディレクターが2月16日、3年間の任期が満了し、退任した。1月にロンドンで発表した2016-17年秋冬コレクションが最後になった。

 レイは「ロンドンが誇る象徴的なブランドである『ダンヒル』と共に仕事をできたことを誇りに思う。今後も『ダンヒル』がユニークかつ紳士的な伝統のもとに発展し続けることを願う」とコメントした。一方、ファブリッツィオ・カルディナリ(Fabrizio Cardinali)アルフレッド ダンヒル(ALRED DUNHILL)最高経営責任者はレイについて、「われわれはブランド発展における、彼の卓越した貢献と支援に感謝する」と語った。

 レイは04年にトム・フォード(Tom Ford)の後任として「グッチ(GUCCI)」のメンズウエアデザイナーに就任した。06年に同職を去ってからは身を潜めていた。その後13年2月に「ダンヒル」のクリエイティブ・ディレクターに就任した。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら