ビジネス

ユナイテッドアローズの創業者・重松会長が退任し、名誉会長に 次世代経営陣にバトン託す

 ユナイテッドアローズの創業者である重松理・会長(64)が、5月8日開催の取締役会で、取締役を退任することを内定した。6月24日付。今後も名誉会長としてグループの価値向上に努めていくという。

 重松会長は1949年12月4日神奈川県逗子市生まれ。73年に明治学院大学経済学部を卒業後、婦人服アパレルのダックに入社。76年にセレクトショップ「ビームス(BEAMS)」の立ち上げを企画提案して新光紙器に入社、プロデューサー的役割を果たす。89年、ワールドとの共同出資によりユナイテッドアローズを設立し社長に就任。2002年東証二部、03年同一部に上場。04年会長に就任。09年4月、業績の建て直しとDNAの伝承のため、社長に復帰した。12年4月に商社出身の竹田光広・副社長に社長を譲り、会長に退いた。13年3月期に長年目指してきた売上高1000億円を達成したことや、14年3月期に長期ビジョンが始動し、新業態開発や海外進出などに大きく踏み出し、次世代経営陣による経営が軌道に乗ったと判断したようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

東コレはもっとアツくなれ! 2022 S/S TOKYO COLLECTION詳報

「WWDJAPAN」9月13日号は、2022年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、東コレ)」特集です。今シーズンは、通常より1カ月半前倒しての開催で、48ブランドが参加し、20ブランドがリアルショーを実施しました。冠スポンサーの楽天による日本発ブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」で13年ぶりに東京に復帰した「ホワ…

詳細/購入はこちら