ニュース

タカヤ商事が「マリテ+フランソワ・ジルボー」の取り扱いを終了 9月をメドに順次閉店

 タカヤ商事は22日、マリテ+フランソワ・ジルボー社のライセンシー契約終了に伴い、「マリテ+フランソワ・ジルボー(MARITHE + FRANCOIS GIRBAUD)」の日本での取り扱いを終了することを発表した。代官山など現在7店舗ある直営店も9月をメドに順次閉店していく。

 今後、タカヤ商事は「スウィートキャメル(SWEET CAMEL)」「ミセスジーナ(MRS. JEANA)」「カフェッティ(CAFETTY)」「オヤジー(OYA-G)」の4ブランドを中心に展開する。

【関連記事】
「マリテ+フランソワ・ジルボー」のインポート比率が3割へ