ファッション
特集 メンズ・コレクション2025年春夏

【スナップ】白で攻める「コム デ ギャルソン・オム プリュス」来場者 無垢な激情パンク

コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME DES GARCONS HOMME PLUS)」は、パリで2025年春夏コレクションを現地時間6月21日に発表した。同ブランドは多くのデザイナーに影響を与えており、ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)「ルイ ヴィトン」メンズ・クリエイティブ・ディレクターや、トレマイン・エモリー(Tremaine Emory)「シュプリーム(SUPREME)」クリエイティブ・ディレクター、イーライ・ラッセル・リネッツ(Eli Russell Linnetz)「ERL」デザイナーら、ラグジュアリーからストリートまで幅広いジャンルのデザイナーが会場を訪れた。

“ギャルソン愛”を表現する来場者の多くは、デザイン性の強いテーラードジャケットをまとい、足元を「ナイキ(NIKE)」とのコラボスニーカーで飾る。“祈り”をテーマに白を基調とした昨シーズンのコレクションを彷彿とさせる、洋服から小物までオールホワイトでまとめた装いが今季のオフランウエイでも目立った。ランウエイルックを自分なりに着こなすファッション上級者で、会場一帯は熱気に包まれた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。