ビューティ
連載 エディターズレター:BEAUTY ADDICT 第58回

桂由美さんを偲ぶ

有料会員限定記事

桂由美さんを偲ぶ

「WWDJAPAN」でビューティ分野を担当する前は、繊維の専門紙で10年ほど働いていました。担当分野の一つにブライダルがあり、年1回ブライダル特集を掲載していたことから、先日他界されたブライダルデザイナーの桂由美さんに毎年といっていいほどインタビューしていました。とはいえビューティ担当になり14年目なのでかなり前のことになります。

本業のウエディングドレスデザイナーとしての活躍は広く知られているので、それ以外で印象的だったことは……と遠い記憶を呼び起こすと、桂さんは20年以上前から地産地消や地方創生、女性活躍を地で行っていたことでした。伝統文化の衰退を危惧していたころに、福井県の和紙職人に出会いウエディングドレスにすることに。越前和紙を使ったドレスを2002年7月のローマ・オートクチュールコレクションで初めて発表。以降、和紙素材のドレスを毎年発表していました。実際に和紙のドレスを触らせてもらった際に、和紙とは思えないほどの強度に驚き、その感触は今でも忘れられません。

少子化を危惧し、2006年から恋愛と結婚を促すプロポーズや告白に最適な観光スポット「恋人の聖地」プロジェクトを指導。桂さんは同プロジェクトの理事として普及活動を推進し、現在では200以上の聖地を設置しました。多忙の中でも聖地に認定された土地に出向いていたのも記憶に残っています。

この続きを読むには…
残り988⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。