ビューティ
連載 エディターズレター:BEAUTY ADDICT 第54回

「日焼け止めの効果を感じない」には理由があった

有料会員限定記事

「日焼け止めの効果を感じない」には理由があった

化粧品PR担当者との対話は常に学びがあります。ここ最近で印象に残った話は、日焼け止めアイテムなどに表示されているSPF値についてです。言わずもがなではありますが、SPFとは紫外線防御指数のこと。数値が高い方が防御力が高く、現在は最高値が50となっています(50以上の場合は50+と表示されています)。数値が高ければ、紫外線を浴びて肌が赤くなるまでの時間を伸ばせ、SPF1あたり約20分なので、SPF50だと約16時間40分防いでくれることを意味します。16時間防いでくれるならSPF50と表示されている日焼け止めを朝に塗布すれば日中の日焼け対策は完璧といいたいところですが、日焼け止めの効果をそこまで感じない人が多くないですか。そこには理由があったのです。

SPF値の測定方法がキモになります。肌1㎠に日焼け止めを2mg塗布し、擬似太陽光を当てて初めて肌が赤くなるまでの紫外線量を計測して数値を算出しているのですが、この塗布量が問題だったのです。測定時の2mgって相当厚いと思いませんか。一般的にはその4分の1程度の量しか塗れていないとのこと。そうなるとSPF50の日焼け止めを塗布していても万全ではないわけです。これは膝を打つ話しでした。

この続きを読むには…
残り589⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。